仙台駅からの観光には「るーぷる仙台」がお得で便利!




仙台市内・宮城県内にはさまざまな観光スポットがありますが、地方都市の常として鉄道で回りやすいスポットは少ないです。松島や女川は行きやすいですが、仙台市内の観光を電車メインで組み立てると意外と歩くことになるんじゃないかと思います。

そんなわけで、新幹線で仙台駅に降り立った首都圏からの観光の方はどこに行こうかなと少し迷うかも。駅前の商店街をずーっと歩いていっても楽しいですが、仙台市内の観光にはバス、特に観光向けに作られた「るーぷる仙台」を活用するのがおすすめです。

るーぷる仙台は路面電車風のかわいいデザインが目印。仙台市交通局が運行している観光用の周遊バスです。仙台駅西口を起点に繁華街を抜け、仙台市中心部に近い観光スポットを巡りながら一周約70分で仙台駅に戻るというコースで運行されています。

平日は20分間隔、土休日は15分間隔と運行本数も多く、利用しやすいバスです。ただし、時計回りの一方向にしか運行されていないので、お目当ての観光スポット1つだけに行きたい人は使いにくいかも。特に、ルートの前半にある仙台城跡だけに行きたい場合は帰りの方法を別途考えておいたほうが良いかと思います。

ユニークなのはバスの外観だけではなく、中も少し変わった作りになっています。車内後方の一段上がった部分が展望デッキになっていて、手すりに捕まって立ちながら車窓を眺められるのが楽しいです。

これのおかげで座席数が少なめなので、繁忙期に仙台城跡あたりのぐねぐねした区間に乗るとちょっと大変なのはご愛嬌。

るーぷる仙台をおすすめする最大の理由は、地下鉄や普通の路線バスでは行きにくい(長時間歩くことになる)仙台市内の主要観光スポットの目の前で乗り降りできることです。仙台城跡、瑞鳳殿、国宝の大崎八幡宮などに楽々アクセスできます。

料金は、一回乗車なら大人260円・子供130円です。ところが、「るーぷる仙台一日乗車券」なら大人630円・子供320円。3回以上乗るなら=2ヶ所以上で降りるなら1日乗車券のほうがお得という良心的な料金設定なんですね。

ちなみに、地下鉄にも乗れる「るーぷる仙台・地下鉄共通一日乗車券」もあり、こちらは大人920円・子供460円です。地下鉄にも乗る予定があるなら……たとえば八木山動物公園や八木山ベニーランドに行くつもりなら地下鉄付きの一日乗車券を選んでおいた方が良いかと思います。

そして、るーぷる仙台の一日乗車券を持っていると割引などの特典があるスポットが多いのも見逃せません。瑞鳳殿なら観覧料110円引き、仙台市博物館なら団体料金で入れる(少し安くなる)といった具合です。

この特典も考慮すると、やっぱり仙台市内の観光なら一日乗車券でるーぷる仙台に乗るのがお得で便利だと思います。るーぷる仙台の公式サイトにはおすすめの観光コースも載っているので、ぜひチェックしてみてください。

Source:るーぷる仙台




この記事をシェア!