新幹線で石巻の鮮魚を東京へ、JR東日本がテスト




2020年8月26日~28日の3日間、JR東日本が東北新幹線でちょっと面白い実験をするようです。

通常、新幹線には貨物列車はなく、基本的には乗客を運ぶためのものです。今回の実験では、新幹線の一部の車両を使って石巻で水揚げされた新鮮な魚(ヒラメやスズキ)を東京まで速達します。

運ばれた魚は、東京駅構内のエキナカ施設「グランスタ東京」にある「回転寿司 羽田市場」などで寿司や海鮮丼として提供されるそうです。

8月26日~28日の3日間、仙台10時41分発「やまびこ136号」の1号車自由席を閉め切って地産品輸送トライアルを行います。ウイルス騒動による乗客減で空席が目立つ中、新幹線の新たな活用法として期待できそうな実験ですね。

Source:ニュースリリース(※PDF)




この記事をシェア!