宮城県はラウンドアバウト(環状交差点)が日本一多い!?その理由と正しい走り方




日本ではまだまだ珍しい「ラウンドアバウト」(環状交差点)。実は、ラウンドアバウトが日本一多い都道府県は宮城県なんです(※2020年3月時点)。

ラウンドアバウト(環状交差点)ってなに?

ラウンドアバウトは環状交差点の一種で、小さな円形の道路から各方向に向かって道が伸びています。

日本で導入が進められているのは信号なし・一方通行で交通を円滑化する「現代的ラウンドアバウト」というタイプです。ヨーロッパなどで以前から普及しているタイプで、日本では2014年から本格的に導入され始めました。

中央をショートカットさせないための島が必要なので普通の交差点よりは場所を取りますが、信号機を設置せずに済むので低コストです。各方向に進む車が交差せず信号待ちもないので流れがスムーズになる上に、信号機なしの交差点よりは出会い頭の事故リスクを減らせます。

なんで宮城県に多いの?

まだ導入が始まって数年なので、全国的なラウンドアバウトの設置数はそれほど多くありません。警察庁の資料によれば、2020年3月時点でのラウンドアバウトの数は全国で101ヶ所。そのうち21ヶ所が宮城県内という状況で、極端に設置数が多いのです。

震災被害からの復興、あるいは将来の災害リスクを想定した都市計画の見直しが行われている時期と重なったことで、新しい規格の道路を導入しやすかったというのもありますが(亘理町の新設事例など)、主な理由はそれではありません。

実は、宮城県内のラウンドアバウトの大半は新しく作られたものではなく、2014年9月の道路交通法改正で現代的ラウンドアバウトに「昇格」したものです。住宅街の中の細い道をスムーズに使えるようにロータリーを活用していたところが多く、元々あったロータリーがラウンドアバウトに転換されました。

ちなみに、ロータリーとラウンドアバウトは似ているようで正しい走り方が違うので、ずっと使ってきた人ほど要注意。ロータリーは「円に入ろうとする車が優先」(周回中の車が道を譲る)、ラウンドアバウトは「円を回っている車が優先」(入りたい車が待つ)が正解です。

ラウンドアバウトの正しい走り方

数も少なく導入から日が浅いラウンドアバウトを走り慣れているドライバーは少ないと思います。2014年以前に運転免許を取った人でも免許更新時の講習で教わる内容なので、2020年時点で運転免許を持っていてラウンドアバウトの走り方を一切聞いていないという人はもういないはずですが、それでもはじめて実物に遭遇すると戸惑う人が多いのではないでしょうか。

ラウンドアバウトの正しい走り方として最低限覚えておきたいのは「時計回りの一方通行」「円を回っている車が優先」「ウインカーは出る時だけ」の3点です。

まず「時計回りの一方通行」というのは鉄則。進入方向から見て右に向かいたい時でも、逆走になってしまい非常に危険なので絶対に右折してはいけません。

次に「円を回っている車が優先」ということですが、先述の通り、従来のロータリーとは違うポイントです。ラウンドアバウトにこれから入る車よりラウンドアバウトの中を回っている車が優先されるので、安全に入れるタイミングを待ちましょう。

そして、「ウインカーは出る時だけ」。入る時にウインカーを出さなくて良いのは意外に思う人もいるかもしれませんが、そもそもラウンドアバウトに直進や右折で入ることはないので後続車に「左折します」と示す必要がありません。

また、ラウンドアバウトの中では「出るところの1つ前を通過したら左のウインカーを出す」決まりなので、入る時にも出してしまうとどこから出ようとしているのかが正しく伝わらなくなります。

Source:警察庁(※PDF), 宮城県警察




この記事をシェア!