仙台駅直結、全農のレストラン「グリルみのる」に行ってみた




仙台駅でランチをしようと、良さげな店を物色。エスパル仙台3Fの「杜のダイニング」にある「グリルみのる」に入ってみました。

「グリルみのる」は全農が運営しているレストランです。地産地消などをテーマにした「みのりみのるプロジェクト」の一環で出店されており、仙台駅2Fの東西自由通路にある「みのりカフェ」(※関連記事)と同系列のお店です。

おしゃれなカフェ風の内装で広々とした店内でした。営業時間は11~23時。今回はランチタイムに訪問しましたが、15~17時は軽食やおやつが中心の「お茶の時間」、17時以降はディナータイムと、時間帯によってメニューが変わります。

ランチメニューの主役は「岩手県産みちのく清流どり」と「全農プレミアムハンバーグ」。ほかにも、東北和牛のステーキやローストビーフ丼、金華さばの漬け丼など、地域色の濃いメニューが揃っています。

訪問時は「夏のスタミナキャンペーン」でお得になっていたので、「鉄板 全農プレミアムハンバーグ定食 炒め玉葱ソース」(通常1,580円+税)を頼んでみました。

メニューの写真を見て「ワンプレートのランチなのかな?」と思っていたら、しっかりした前菜とサラダが出てきて驚きました。全農直営店ならではの新鮮な野菜を使っており、素材の味を楽しめる前菜でした。

こちらがハンバーグ定食。熱々の鉄板に綺麗に盛り付けられて提供されます。“プレミアム”というだけあって柔らかくジューシーなハンバーグでした。あと、やっぱりガロニの野菜がおいしい。特に、小ぶりなじゃがいもが甘くて美味です。「グリルみのる」も「みのりカフェ」もおすすめなので、仙台駅で良い感じのお店をお探しならぜひ。

Source:グリルみのる




この記事をシェア!