日本一に輝いたナポリタンが売りの洋食屋さん「ハチ 仙台駅店」




仙台駅の3F、新幹線改札口からもすぐのアクセス良好な場所にある洋食屋さん「ハチ 仙台駅店」に行ってみました。

ハチは名取に本店がある洋食屋で、1979年に創業。創業者・角田昭八さんの名前から「末広がりで縁起が良い」と八の字を取って命名されたそうです。

現在は宮城県内にいくつもお店を出していますが、本店は「ハンバーグレストラン HACHI」、三越にある店舗は「スパゲッチパーラー マルハチ」など、店舗ごとにコンセプトやメニューが違います。

ちなみに、10月にオープン予定の名取市サイクルセンターの新店舗は「閖上 港食堂 HACHI」と命名されています。これまで期間限定メニューでしか出していなかったバーガーがレギュラー入りするとか……?


仙台駅店は「ナポリタン&ハンバーグ」。2013年の「ナポリタンスタジアム」で日本一に輝いたナポリタンと、ハチこだわりのハンバーグの二品を看板メニューとしています。

今回は、どちらも味わえる「お得なハチミックス」(1,630円+税)にしました。ハンバーグ、ナポリタン、カニコロ、エビフライが盛られた豪華なプレートです。


メニューの写真から「昔懐かしの洋食屋さんの真っ赤なナポリタン」を想像していましたが、実物を見ると意外と赤さは控えめ。それもそのはず、ケチャップに頼らずトマトの酸味を生かしたソースにこだわりがあります。スパゲッティとしては極太といえる2.2mmの麺によく染み込み、これは日本一を獲得したのも納得のお味です。

細麺のアルデンテが主流な今時の「パスタ」ではなく「スパゲッティ」と呼びたくなる懐かしい方向性ですが、それでいて様式美だけではないこだわりのナポリタンでした。ハンバーグも、柔らかいパティをパリッと焼き上げた独自製法でとてもジューシー。一度食べれば人気の理由が分かるお店ですね。

View this post on Instagram

#ハチ #仙台駅 #仙台ランチ

A post shared by あがー (@agar_elibom) on

Source:ハチ




この記事をシェア!