赤湯系のラーメンを仙台で食べられる「やまがた辛味噌らーめん りゅうぞう」に行ってみた




先日、仙台駅東口にある「やまがた辛味噌らーめん りゅうぞう」というラーメン屋さんに行ってきたので食レポします。

東口の北のほう、「仙台駅北部名掛丁自由通路」(アエルの横に繋がっている歩道)を出てすぐのところにあるお店です。

山形のラーメンというと醤油スープ、昔ながらの中華そばを出す名店が多いイメージですが、龍上海に代表される「赤湯ラーメン」も有名です。りゅうぞうさんは2010年にオープン、仙台市内で赤湯系の辛味噌ラーメン専門のお店としては先駆け的な存在だったようです。

メニューは、王道型の「やまがた辛味噌ラーメン」と進化型の「やまがた辛味噌ラーメン(海老風味)」のツートップのほか、醤油、塩、味噌と一通り選べます。今回は王道のやまがた辛味噌ラーメン(税込880円)にしました。


澄んだスープの中央に、厳選された香辛料をブレンドした辛味噌が盛られており、自分で溶かして辛さを調整しながら食べます。太めのちぢれ麺やトッピングのキクラゲなど、本家とは違った個性も見られます。


スープそのままだと甘みのある白味噌ベースで、辛味噌を溶くと味が締まる感じ。ニンニクも入っていて、おとなしそうな見た目の割に実はパンチが効いています。

龍上海の味に迫るクオリティーという噂ですし、山形まで行けないけれど赤湯ラーメンが恋しいという人にはおすすめです。

店舗情報

店名:やまがた辛味噌らーめん りゅうぞう
場所:仙台市宮城野区名掛丁119-3
営業時間:11時30分~15時、18時~22時
定休日:毎週火曜日




この記事をシェア!