仙台のバスで「Suica」は使える?




仙台市内はバスの路線網が充実しているので、新幹線で観光や出張に来た人だと仙台駅からバスを利用する人も多いと思います。バスって地域や会社によって乗り方がけっこう違うので、初めて使う時はちょっと迷いますよね。

(緑色のボディーに青帯の仙台市営バス。2015年撮影)

前乗り、前降りのどちらかなども気になるところですが(ちなみに仙台は基本すべて中乗り・前降りです)、やはり一番気になるのは運賃の支払方法ではないでしょうか。後ろの人を待たせながら車内で両替するのも心苦しいですし、現金のみなら先に小銭を作っておく人が多いかと。

でもご安心ください。仙台市内の路線バスでは、Suicaなどの交通系ICカードが使えます。

(赤白のバスは宮城交通)

仙台市内で乗れる路線バスは主に、仙台市交通局と宮城交通(と子会社のミヤコーバス)の2社が運行しています。どちらも「icsca」(イクスカ)という交通系ICカードを採用していて、Suicaや他の地域の交通系ICカード各種(PASMO、Kitaca、TOICA、manaca、ICOCA、PiTaPa、SUGOCA、nimoca、はやかけん)も利用できます。

また、市内の観光スポットを一巡できる「るーぷる仙台」もSuicaに対応しています。ただ、るーぷる仙台は3回以上乗るなら1日乗車券のほうが安いので、1往復+どこかで途中下車するなら1日乗車券の購入をおすすめします。

Source:仙台市交通局, 宮城交通




この記事をシェア!