仙台駅3Fの「ずんだ小径」に変化、喜久水庵の「ずんだ茶屋」が広くなるようです




JR仙台駅の3F、新幹線改札を出てすぐのところにある「ずんだ小径」に変化がありました。

「玉澤総本店 ずんだ小径店」が閉店

これまでは改札側から見て、喜久福などが買える「喜久水庵 ずんだ茶屋」、ずんだスムージーの「玉澤総本店」、ずんだシェイクの「ずんだ茶寮」(菓匠三全)の3店舗が並んでいました。

このうち、真ん中の玉澤総本店 ずんだ小径店は残念ながら2020年10月29日をもって閉店します。

玉澤総本店のお店自体は仙台駅2Fやエスパル仙台東館にもあるのでそれほど不便にはならないと思いますが、ずんだスムージーは一番町店または晴れの菓(旧クリスロード店)まで行かないと飲めなくなってしまいますね。

ちょっと贅沢な新作、玉澤総本店の「マスカルポーネチーズずんだスムージー」を飲んでみた

「喜久水庵 ずんだ茶屋」が増床

玉澤総本店が撤退して空いた場所はどうなるのかというと、お隣の「喜久水庵 ずんだ茶屋」が増床、つまり広くなるようです。

この2店舗は元々小さなイートインスペースを挟んで向かい合っていました。11月1日に増床オープンということで、閉店から中2日でリニューアルということを考えると、それほど大がかりな改装はしないのかな?と予想しています。

増床に合わせてずんだを使った新メニューが登場するほか、お土産品も買いやすくなるようなので楽しみですね。

Source:玉澤総本店, 喜久水庵, JR東日本東北総合サービス




この記事をシェア!