リニューアルした「ずんだ茶屋」で「ずんだっ茶フロート」を飲んできた




仙台駅3Fにある「喜久水庵 ずんだ茶屋」が11月1日にリニューアルオープンしたということで、早速行ってきました。

仙台駅3Fの新幹線改札口を出てすぐのところに、「ずんだ小径」というずんだを使った甘味やスイーツを扱うお店が集まったエリアがあります。

以前は「喜久水庵 ずんだ茶屋」、ずんだスムージーの「玉澤総本店」、ずんだシェイクの「ずんだ茶寮」(菓匠三全)の3店舗が並んでいましたが、真ん中の玉澤総本店 ずんだ小径店が閉店し、その分ずんだ茶屋が増床(拡大)したということのようです。

お店の作りはほぼ変わっておらず、2つのカウンターの間に数席だけイートインコーナーがあるのはこれまでと同じ。玉澤総本店のカウンターだった部分にお土産にできるようなお菓子が陳列されており、買える商品が増えたみたいです。

場所柄からやはり新幹線に乗る直前に「喜久福」を買っていく人が多いですが(ここで買ってすぐに新幹線に乗れば、時間内に東京周辺まで持ち帰れます)、その場で食べるスイーツも人気です。今回のリニューアルに合わせて、新商品も登場しました。

新商品のひとつ、「ずんだっ茶フロート」を頼んでみました。ずんだが入ったシェイクの上に抹茶味のソフトクリームが乗っています。喜久水庵といえば初売りで有名な「お茶の井ヶ田」が運営元ですから、ずんだと抹茶という2つの名物を一杯で味わえる素敵なメニューですね。相性もバッチリでした。

店舗情報

店名:喜久水庵 ずんだ茶屋
場所:仙台駅3F ずんだ小径(新幹線改札前)
営業時間:8時~21時30分(ラストオーダー21時)
リンク:公式サイト




この記事をシェア!