11/11オープン!「仙台ハイボールバー」のランチメニュー「台湾まぜそば」を食べてきた




仙台駅前のアーケードを歩いていたら新しいお店がオープンしているのを発見したので、ランチに入ってみました。

今回訪問したお店は「仙台ハイボールバー」。その名の通り、夜はハイボールが中心のバーです。2020年11月11日にオープンしたばかりの新店舗で、ランチタイムは「台湾まぜそば」を出しています。

フードは390円から、ドリンクは380円からと手頃な価格設定で、ちょっとした待ち時間や0次会にも気軽に使ってほしいそう。仙台駅西口を出て「ハピナ名掛丁」に入ってすぐの好立地なので確かに使いやすそうです。翌朝5時までと営業時間がかなり長いので、終電を逃した時にも使えそう。

後で調べてみてびっくりしましたが、カラオケの「ビッグエコー」でおなじみの第一興商が運営しているお店なんですね。

第一興商といえば、すぐ近く(ハピナ名掛丁の入口付近)にあるアイリッシュパブ「CELTS」も同系列。あちらはアイリッシュパブなのにお昼はそば屋さんになるという不思議な組み合わせですが、その仲間と知るとハイボールバーで台湾まぜそばというのもどこか納得してしまいます。

基本の台湾まぜそばは890円で、カレーまぜそば、海老味噌まぜそば、角煮入りまぜそばとバリエーションがあります。今回は角煮入りにしてみました。〆に一口分の追い飯が無料でもらえます。

基本のまぜそばにはミンチ、卵黄、揚げ玉、ネギ、きくらげ、ニラ、特製魚粉、葉にんにく、のり、赤カイワレがはいっています。このほか、別料金で麺大盛り、辛さ増しやネギ増し、追加トッピングなどもできます。

赤カイワレなどの個性的な具材もあって、台湾まぜそばとしては彩りが良い感じ。全粒粉を使った極太麺は食べごたえがあります。並200gと麺の量自体は多い方ではないので、食べ慣れている人は300g(+150円)でもいいかも。味変アイテムとしては「かつお昆布酢」が用意されています。

店舗情報

店名:仙台ハイボールバー
場所:仙台市青葉区中央1-7-4
営業時間:11時30分~翌5時
定休日:なし
リンク:公式サイト




この記事をシェア!