仙台市は「自転車保険」の加入義務があります




買い替えや修理などで自転車屋さんに行く機会がないと知らずに過ごしている人も多いのではないかと思いますが、ここ数年、全国的に「自転車保険」の加入義務化の動きが広がっています。

自転車の事故でも高額賠償に発展するケースが少なくないからというのが理由だそうですが、義務化は今のところ条例ベースなので、あくまで各自治体の判断に委ねられています。

では仙台市ではどうなの?というと、2019年4月1日から義務化されました。加入必須となるのは「自転車損害賠償保険」というもので、簡単に言えば、自分が自転車に乗っていて誰かにケガをさせてしまったり、物を壊してしまったりしたときに補償してくれる保険ですね。

対象範囲は「仙台市民」ではない

仙台市の条例だから、適用されるのはもちろん仙台市民……と思ってしまいそうなところですが、実は少し違います。

自転車保険加入義務化は「仙台市内で自転車に乗る人」が対象なので、たとえば名取市や富谷市から自転車で仙台市内に通勤・通学している人も対象になります。

新たに保険に入らなくていい場合も

義務化というと「新しい保険に入らなきゃいけないのか」と出費に悩む人もいるかもしれません。しかし、実はわざわざ自転車保険を単体で契約しなくても良いケースも多々あります。

まず、一番多いと思われるのが「TSマーク」付きの自転車に乗っている場合です。自転車安全整備店で正しく点検整備を受けた自転車に貼られるシールですが、実はこれには保険が付いているんです。

賠償限度額が異なる青マーク・赤マークの2種類がありますが、仙台市の条例では賠償限度額の規定はないので、どちらかが貼られていればひとまずセーフです。

次に、自動車保険、火災保険、共済保険などの各種保険に入っている場合です。加入中の保険によっては、自転車損害賠償保険に相当する内容の特約が付いている可能性があります。あわてて自転車保険に入る前に、今入っている保険の内容を見直してみると良いでしょう。

Source:仙台市




この記事をシェア!