仙台に方言はない?無意識に使われている「仙台弁」まとめ




全国的に若い世代では方言や訛りが薄れつつありますが、それでも年配の方とお話していると、東北地方では知らないと「えっ?」となる強い訛りが残っている地域もありますよね。私の祖母が秋田出身なのですが、向こうの親戚と電話している時だけは横で聞いていてもいまだにさっぱり分かりません。

しかし、東北最大の都市である仙台で方言を意識したことはあまりありません。どの年代でもほぼ標準語に近いと思います。強いて言えば、「雨」と「飴」、「橋」と「箸」のような同音異義語の発音の違いが薄い「無アクセント」なのが特徴でしょうか。これは福島県の喋り方とも似ていますね。

ただ、仙台にまったく方言がないのかというと、意外とそうでもありません。無意識に多用されているけど実は……という「仙台弁」とも言えるような単語がいくつかあります。代表的なものをまとめてみました。

だから

「だから」自体は全国的に使われている言葉ですが、“あいづち”や同意に使うのは仙台特有です。

県外の人と話していて、「だからだから」と言いながらうんうん聞いていたらポカン……なんて経験、ありませんか?

いきなり(いぎなり)

「いきなり」も、この言葉自体は標準語。「突然」のような意味で使われることが多いです。

しかし仙台ではもう少し用途が広く、「とても」「すごい」「めっちゃ」のような意味にもなります。たとえば、昔お土産で売られていた牛タン味の「いぎなり!!うまい棒」なんかもそうですよね。

しなきゃない

これはたぶん、知らない人にも何となく通じると思います。「~しなきゃいけない」の“いけ”が抜けて「~しなきゃない」になります。

いずい

アニメ「ハイキュー」でも使われて話題になった「いずい」も仙台弁です。

説明するのはなかなか難しいですが、しっくりこない、かゆい……そんな感じの違和感がある時全般に使えます。

「いきなり」もそうですけど、仙台弁って“何にでも使えるふわっとした万能ワード”が結構あるのが何だか便利でいいですよね。




この記事をシェア!