大きい発泡スチロール容器、どうやって捨てる?




仙台市では、燃えるごみとプラごみは有料の「指定袋」に入れて出します。でも、粗大ごみにはならないけれど指定袋には入らない物ってたまにありますよね?

たとえば魚箱や家電の梱包材など、大きい発泡スチロールの容器です。

少しややこしいので補足しておくと、おもちゃや衣類ケースなどの「30cmを超えるプラスチック製品」は粗大ごみになります。でも、こういう梱包材は分別ルール的には大きくてもプラごみでOK。

しかし、プラごみに出して良いと言われても、そもそも一番大きいサイズ(45L)の指定袋でも入らないよ……?と思いつつ、仙台市公式サイトの「プラスチック製容器包装の出し方」をチェック。ちゃんとこういう場合の正しい捨て方が書かれていました。

仙台市での大きい発泡スチロール容器などの正しい捨て方は、「指定袋を貼る→バラバラにならないようにヒモで縛る」です。

補足としては、どうせ貼るだけなら小さい袋で済ませたくなるところですが、この方法で出す時は必ず大サイズの袋を使ってください。また、魚箱などの中に他のゴミを入れるのはもちろんNGです。




この記事をシェア!