野菜がゴロゴロ、見た目もおしゃれな本格スープカレー「kanakoのスープカレー屋さん」




仙台と札幌に数店舗ある本格スープカレー店「kanakoのスープカレー屋さん」に行ってきました。

今回訪問したのは仙台一番町店。一番町のアーケード沿いの「スマイルホテル仙台国分町」の地下にある、知る人ぞ知る名店です。

kanakoのスープカレー屋さんは元々、女優・榎本加奈子さんのプロデュースで立ち上がったのですが、芸能人プロデュースという看板が無くても味で真っ向勝負できるクオリティーのお店です。もう10年以上に渡って愛され続けているのが何よりの証拠でしょう。

野菜たっぷりのスープカレーを中心に、見た目も華やかなメニューがたくさんあります。今回は、写真のインパクトに惹かれて「厚切りベーコングリルonライス」を注文。

有機栽培のスパイスと10時間以上煮込んだブイヨンからなる丹精込めた一杯です。辛さは100段階で選べて、25~50番が市販ルーの辛口ぐらいだそう。割と辛い物は得意な方なので様子見で25番にしてみましたが、爽やかな辛さでした。

具材はキャベツ・じゃがいも・人参・ピーマン・カボチャ・ナス・ゆでたまご(※メニューによって異なります)。好みの野菜を追加することもでき、この日は美瑛産アスパラがおすすめとのことだったので追加してみました。

美瑛のアスパラガスというと、ギフト用に使われるような良いやつですよね。新鮮でシャキシャキとした食感がとても良かったです。

壁一面に貼られた野菜の箱の切り抜きを見ると、北海道・東北・九州とあちこちから厳選した野菜を取り寄せているようで、味と鮮度の良さに納得。

そして、気になる厚切りベーコングリル。鮮やかな黄色のターメリックライスの上に、大きなベーコンの塊がズドンと横たわっています。弾力のあるぷりっとした食感とジューシーさがたまらず、これまた絶品です。スープカレーのお供にぜひ。

Source:kanakoのスープカレー屋さん




この記事をシェア!