【仙台港アウトレット】炭火焼き豚丼まる家の「宮城野2段丼」食レポ




仙台港の「三井アウトレットパーク 仙台港」に行ってきました。フードコート(杜のキッチン)で何か食べようと物色していると、おいしそうな豚丼が目に留まりました。

そのお店は「炭火焼き豚丼 まる家」。お米を食べさせる珍しい飼育方法で知られる山形県「平田牧場」の三元豚や、地元の「宮城野ポーク」を使っているという、なかなかこだわりがありそうなお店です。「宮城野2段丼」を注文、味噌汁とたくあんが付いて980円(税別)でした。

このメニューでは、宮城野ポークのリブロースと輸入肉のバラを使っています。2段丼のバラだけ他の肉を使っている理由は、食感重視でバランスを考えてあえて輸入肉を使っているのだとか。

豚丼のタレは、青葉区にある焼き鳥の名店「酒の穴 鳥心」の秘伝のタレを使っているそう。甘く深みのあるタレと香ばしい炭火焼きのハーモニーが食欲をそそります。

「2段丼」という名前の通り、上段のリブロースをタレが染み込んだごはんと一緒に食べ進めていくと、下からバラ肉が登場。最後まで飽きずにぺろりと完食できました。

Source:炭火焼き豚丼 まる家




この記事をシェア!