【青葉区・一番町】自家製熟成麺 萩ノ宮の「油そば ペチカ」食レポ




先日、青葉区・一番町の「自家製熟成麺 萩ノ宮」に行ってきました。看板メニューの「油そば ペチカ」を食べてきたのでレポートします。

萩ノ宮は、以前は「はてな」という名前の油そば屋でした。今もどんぶりなどに店名が残っています。はてなから萩ノ宮になって何が変わったのかというと、汁ありの中華そば(ラーメン)も出すようになって装いを改めたということのようです。

今回は、はてな時代からの看板メニューである「油そば ペチカ」を注文しましたが、辛味噌ラーメンやつけ麺も美味しそうですね。

ところで、見慣れないキャッチーな名前の“ペチカ”ってどういう意味なんでしょう……?調べてみると日東富士製粉の小麦粉にペチカという品種があるようですが、中華麺用ではない(高級パン用粉)ので関係ない……のかな?


注文から4分ほどで着丼。追加トッピングなしの素の状態では、ネギとメンマ、角切りのチャーシューが乗っています。麺をひっくり返して底にたまった濃いつゆをしっかり絡ませてからいただきましょう。

実にオーソドックスなスタイルの油そばですが、自家製麺と謳うだけあって麺にこだわりを感じます。太くて歯ごたえのあるゴワゴワ・ワシワシの麺は食べ応え抜群。うねりのある形状の麺にはタレがよく絡みます。

日本の麺類の基本である“すする”食べ方ではなく、噛みごたえ抜群の“噛み切る”タイプの麺なので、食べ慣れていない人は好き嫌いが分かれるかもしれません。油そばが好きな人はもちろん、G系ラーメンが好きな人もたぶん気に入るタイプの麺のはず。いわゆる武蔵野系油そばとして、完成度は高い一杯でした。

Source:公式Twitter




この記事をシェア!