「MOVIX利府」が10月末で閉館に




仙台市のお隣、利府町にある大型シネコン「MOVIX利府」の閉館が決まりました。

MOVIX利府は、県道8号線沿いの利府ペアガーデンにある松竹系のシネコンです。12スクリーン2438席という規模を誇ります。2001年3月に開館し、19年以上に渡って愛されてきた映画館でした。

閉館予定日は2020年10月31日です。ポイントやクーポンなどは他のMOVIXで利用できます。近隣の他店舗としては、長町の「MOVIX仙台」があります。

突然の閉館発表にSNSなどでは驚きの声も上がっていますが、これだけ大きな施設を閉めるのは短期的なウイルス騒動の影響で決まったことではないような気がします。

個人的な見解としては、すぐ近くにあるイオンモール利府が今冬に大幅増床するのが影響しているのではないかなと思います。

元々、MOVIX利府はどこかのショッピングモールの中に入っているわけではなく、独立して建っている最近では珍しいタイプのシネコンです。

つまり買い物ついでに寄ってもらいにくいという点で集客では不利なのですが(ついでに言えば駅からも遠いのでほぼ車オンリー)、すぐ近くにイオンモールがあって人が集まる場所になっていることでうまく回っていたのではないかと推察できます。実際、イオンモールと連携した半券サービスもありました。

しかし、イオンモール利府の南側には巨大な新棟が建築中で、完成すればイオンモール名取を越える東北最大のイオンモールになります。まだテナントなどは発表されていませんが、これだけの規模だと「イオンシネマ」が入る可能性はかなり高いはず。そうなるともう、イオンモールとの行き来は期待できなくなる……というのがこのタイミングでの閉館の理由なのではないかと考察します。

思い出の詰まった映画館が無くなるのは残念ですが、利府で映画が見られなくなるわけではないかも?というところは少し期待できそうです。

Source:MOVIX利府




この記事をシェア!