【青葉区・五橋】由緒正しい名店・村上屋餅店で「づんだ餅」をいただく




仙台名物の和菓子といえば「ずんだ餅」。でも、歴史をさかのぼると最初から「ずんだ」だったわけではないんですよね(関連記事:「ずんだ」の由来)。

「ずんだ」の由来は諸説ありますが、有力説のひとつに、豆を打って作るから豆打(づだ)→づんだ→ずんだ、と訛ったという説があります。

そして、今なお「づんだ餅」の名を残している歴史ある和菓子屋さんが青葉区・五橋にあります。づんだ餅発祥の店とさせる名店のひとつ、「村上屋餅店」さんです。

持ち帰りでも店内でも食べられますが、今回は店内で。づんだ・ごま・くるみ餅がセットになった「三色餅」を注文しました。

黒く輝くごま餅に、宮城ではずんだと並んでポピュラーなくるみ餅。そして主役の「づんだ餅」が仲良く並んで登場しました。箸休めにお漬物も添えられています。

季節ごとに最良の甘い枝豆を厳選して作るという“づんだ”は、優しい甘さで落ち着く味わいです。やわらかいお餅に丁寧にすり潰されたなめらかな餡がたっぷり盛られ、これぞ、づんだ餅。歴史に裏打ちされた本物の味わいです。


店内には有名人のサインも多数飾られていました。その中に混ざって飾られていた言葉が心に残ったのでメモしておきます。

『意見と餅はつく程練れる』『餅はつくほどよい餅になり、人の意見も聞くほど利がある』




この記事をシェア!