2020年夏の貴重な花火大会「泉ヶ岳ソーシャルディスタンス花火大会」開催決定!




今年は新型ウイルス騒動でほとんどの花火大会が中止となっていますが、万全の対策を施した上で開催に踏み切る花火大会が出てきました。

その名も「泉ヶ岳ソーシャルディスタンス花火大会」。仙台市泉区の泉ヶ岳スキー場にて、2020年8月9日(日)19時半から開催されます。

イベント内容としては、オープニングアクトとDJタイムを含む1時間半のタイムスケジュールで、20:30~21:00の30分間に1500発の花火を打ち上げる予定です。プロジェクションマッピングやARなどの技術を駆使した映像演出、ドローンによる空撮配信など、最新技術を使ってイベントを盛り上げるようです。

各種対策を実施した上で指定席制での入場となり、ゲレンデで鑑賞する「一般エリア」の料金は1ボックス(4名まで)12,000円、ハーフボックス(2名まで)6,000円です。さらに、泉ヶ岳の山頂から鑑賞できる仙台の夜景と花火を堪能できる特等席の「山頂エリア」もあり、こちらは1ボックス20,000円、ハーフボックス10,000円です。

決して安くはないものの、おそらく今夏に仙台で楽しめる唯一の花火大会です。オープニングアクトには仙台発のパフォーマンス集団「白A」も登場するようですし、気になる方はぜひチェックしてみてください。

Source:泉ヶ岳そとあそびプロジェクト




この記事をシェア!