ちょっと贅沢な新作、玉澤総本店の「マスカルポーネチーズずんだスムージー」を飲んでみた




ずんだを使ったスイーツドリンクと言えば、ずんだ茶寮(菓匠三全)の「ずんだシェイク」が有名ですが、実は双璧をなす「ずんだスムージー」というライバル商品があります。

「ずんだスムージー」は玉澤総本店さんの商品です。クリーミーなバニラテイストのシェイクがベースの「ずんだシェイク」と比べると、ずんだスムージーは豆の風味が濃厚。

また、シェイクとスムージーの製法の違いもあって、こちらの方がひんやりしている気がします。どっちも美味しいんですけどね。

仙台駅3Fのずんだ小径では、ずんだ茶寮と玉澤総本店が並んでいて、両方の味を楽しめます。気になる方はぜひ一度飲み比べてみてください。

ずんだスムージーとずんだシェイクの違いの話は置いといて、今回は玉澤総本店「ずんだスムージー」の新作をチェック。2020年4月に発売されたばかりの「マスカルポーネチーズずんだスムージー」です。

イートインなら489円(税込)、テイクアウトなら480円(税込)。普通のずんだスムージーは300円なので、ちょっと贅沢したい時向きのお値段ですね。

ずんだスムージーの上にマスカルポーネチーズホイップをトッピングして、チーズスティックを刺してアラザンで華やかに彩ったメニューです。

ずんだとマスカルポーネチーズという和洋折衷の組み合わせは意外かもしれませんが、ずんだスイーツでは結構見かける組み合わせ。

風味が濃厚なずんだスムージーだからこそ、チーズに打ち消されることなくしっかりと受け止められており、リッチな味わいが生まれているように思います。

この組み合わせはありですね、冷たいスムージーの箸休めにサクサクのチーズスティックもいい感じです。

Source:玉澤総本店




この記事をシェア!