ちょっとお得な“簡易箱”の「萩の月」、ご存知ですか?




仙台のお土産といえばやっぱり、菓匠三全の「萩の月」。濃厚なカスタードクリームをふわふわのカステラで包んだお菓子です。

お土産としても定番ですし、地元民でも自分用に買う人は少なくありませんが、全国各地の銘菓と比べても少しお高めなんですよね。5個入りから20個入りまでのサイズがあり、どれでも1個あたり200円します。

あの新品のテニスボールのような毛並みの良いカステラ部分に少しでもヒビがあるとB級品扱いという徹底した品質へのこだわり、貰うとうれしい高級感のある小箱など、納得のお値段ではあります。しかし、職場で配る用や自宅用など、そこまで豪華でなくても良いから少しお得に買いたいという人におすすめなのが「簡易箱」という別バージョンです。

こちらが簡易箱の萩の月です。5個入りで831円(税込)なので、1個分ぐらいお得な値段ですね。

個包装は袋だけなので、気軽に配ったり食べたりしやすいです。もちろん、中身は通常の萩の月とまったく同じA級品です。

知る人ぞ知るお得な簡易包装版の萩の月ですが、すべての販売店に置かれているわけではありません。分かりやすい場所としては、仙台駅の駅ビル「エスパル仙台」2Fの「菓匠三全トラッド」にあります。

ちなみに、菓匠三全の工場直売所に行けば「萩の月パンク」というアウトレット商品がお得に買えます。

先に書いたように、萩の月は表面が少し崩れたりひび割れたりしているだけでも厳しい検品で跳ねられてしまうのですが、これをタイヤのパンクになぞらえて萩の月パンクという名前で訳あり商品として格安で売っているのです。こちらもすぐに売り切れてしまう人気商品だそう。

Source:菓匠三全




この記事をシェア!