フードデリバリーサービス「Wolt」が仙台に上陸!テストプログラム実施中




フィンランド発のフードデリバリーサービス「Wolt」が、もうすぐ仙台にやってきます。

Woltは、わかりやすく言えば「Uber Eats」のライバルです。使い方は簡単、スマホやパソコンから料理を注文するだけ。たくさんのお店と提携しており、自転車などに乗った配達員がお店まで料理を取りに行き、自宅まで届けてくれます。

フィンランド・ヘルシンキで生まれたサービスで、日本では2020年に入ってから広島・札幌でサービスを開始したばかり。3都市目として仙台でもスタートします。

Uber Eatsと同様に、シフトに縛られず空き時間に稼げる配達員の募集も行われています。緑色のUber Eatsに対し、Woltは水色の大きなバッグが目印です。

最近はテイクアウトやデリバリーの需要が増えていますから、絶好のタイミングでの参入だと思います。

昔からある寿司やピザの宅配のように「お店が自前で配達する」スタイルだと、人手やコストをかけられるチェーン店でないと出前をするのはなかなか難しいです。

しかし、Uber EatsやWoltのような「第三者に配達をおまかせする」スタイルなら小さなお店でも料理を届けやすい仕組みなので、自宅にいながら食べられる物の選択肢が一気に増えるのが魅力ですね。

Wolt 仙台エリアの正式サービスがいつから始まるのかは、7月26日時点では不明です。しかしテストプログラムが始まっており、11~14時・17~20時限定で注文できます。もしかしたら、日頃通っている馴染みのお店の味もお家で楽しめるかもしれません。

まだ始まったばかりなので、現時点での配達エリアは仙台市の中心部に限られています。ざっくり説明すると、仙台駅を中心に、北は「北四番丁駅」、東は「陸前原ノ町駅」ぐらいまで。南側は長町周辺が対象です。エリア内の方はぜひ試してみてください!

Source:Wolt




この記事をシェア!