仙台市内の「赤い自転車」、東京のアカウントでそのまま乗れます!




仙台駅周辺など、仙台市中心部の至るところで見かける赤い自転車。これは、会員登録すれば誰でも乗れる「DATE BIKE」というシェアサイクルです。

市内の100ヶ所近くのポート(駐輪場)があり、借りた場所とは違うポートでも返却できます。料金は150円/60分からで、短時間・短距離の移動にとても便利です。たとえば仙台駅を中心に移動するとき、「歩くと遠いけどわざわざ地下鉄に乗るほどの距離ではない(高い)」場所って結構あるんですよね。

そんな便利なDATE BIKEですが、日常的に使う地元民はともかく、旅行や出張で仙台に来た方にとっては「わざわざ会員登録するのは面倒」と使わずに終わってしまうかもしれません。でも、実はDATE BIKEのアカウントがなくても使えるかもしれないんです。

この「赤い自転車」は、ドコモ・バイクシェアというNTTドコモ系列の会社が運営しています。仙台のDATE BIKE以外にも、東京の「ちよくる」(千代田区)や横浜の「baybike」など、全国各地に同じシステムを使っているシェアサイクルがあります。

以前はエリアごとにアカウントを作る必要がありましたが、2019年から順次アカウントが共通化されて、自分が登録した地域以外でもそのまま自転車を借りられるようになっています(一部エリアを除く)。

このおかげで、DATE BIKEのアカウントがあれば東京に出かけた時も同じように自転車を使えますし、観光で仙台に来た方も、普段の通勤や買い物に同じドコモの「赤い自転車」を使っていれば、手続きなしでDATE BIKEを利用できます。

ただし、1つだけ注意点があります。相互利用の仕組みを使って乗る場合は時間料金の「1回会員」扱いになるので、1日中自転車で動く予定の人や引っ越してきた人などはDATE BIKEのアカウントを作って「1日パス」や「月額会員」のプランを使わないと損です。

あくまで、「旅先でちょっとだけ使いたい」人なら新しいアカウントを作らずに済むということですね。

Source:DATE BIKE




この記事をシェア!